2017年09月22日

2017年10月号

 発売日から遅れること2日、昨日届いてやっと目を通したので、本日投稿します。
 特集は「HF通信の無線局構築ノウハウ」です。「国内交信から海外交信まで」と付いています。各バンドの特性や、目的や価格別に設備について解説されています。昔に比べ、HF帯の運用はし易くなったと思います。参考にして下さい。
 付録は「これからでも楽しめるHFバンド」です。「マルチバンド運用&新しいことへの挑戦!!」と付いています。特集と連動した付録です。特集と併せて参考にして下さい。
 社団局・CQ女子無線部「ケセランパサラン」発足、ハムフェア2017アラカルト、ハムのためのデジタル簡易無線オススメ機種、等々気になる記事がありますが、FT8オペレーションガイド、カムバックBCLの誘いが個人的に気になるところです。
 CQ誌は発売日にTwitterで記事の告知をしています。発売案内のメールも届くのですが、編集後記の下にモールス符号が記載されていることに(遅まきながら)気が付きました。ちなみに、TNX FB QSOです。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 08:21| 山口 ☁| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

2017年9月号

 アクセスポイントについて投稿するつもりでしたが、発売日前日にCQ誌が届いたので、今月のCQ誌です。
 特集は「アンテナ・チューナー使いこなしガイド」です。「上手に使って楽しみ広がる」と付いています。定番の特集ですが、今回はマニュアルアンテナチューナーについての記述も多いです。これまでは屋外型ATUの活用方法が多かったのですが、今回は少し違っていました。
 付録は「オールド無線機コレクションの楽しみ」です。往年の無線機の写真を、CQ誌が募集していましたが、それが今回の付録です。かなりの応募があったと思われますが、思った程は写真の数は多くありません。入手の方法、メンテナンス法なども掲載されています。
 ハムフェア直前なのでハムフェア関連、ソーラー発電のノイズ対策、新スプリアス、「アルマ望遠鏡」についての短期連載などもあります。年間テーマはJT65ですが、FT8が注目されているそうです。JT65よりも短時間(約15秒)でメッセージを送れるそうです。注目の記事については、CQ誌のTwitterでツイートされると思います。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 22:18| 山口 ☀| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

2017年8月号

 山口県の梅雨明けは今日でした。昨日の投稿を訂正致します。
 今月の特集は「アマチュア無線に便利なグッズ集」です。「ワンコインで利便性がアップする!」と付いています。ワンコインは¥500を指すそうです。以前、100円ショップやホームセンター利用の特集がありましたが、その流れといえます。
 付録は「JT65入門マニュアル」です。「いま話題のデジタル通信」と付いています。年間テーマが「"JT65"デジタル通信を楽しもう」です。もう少し早い時期の付録で良かったかも知れません。入門には最適の内容になっています。
 「当世アマチュア無線 北方領土事情」「香港VR2USJ アパマン運用記」「第一級陸上無線技士 合格までの道のり」「プリウスへのモービル・シャック構築」「同軸ケーブルの基礎知識」「2次電池のチェックとメインテナンス」等々、興味を引く記事が満載です。
 ちなみに、発売日にはCQ誌が、Twitterで内容をツイートしています。当局は、なるべく全てリツイートする様にしています。興味のある方は、Twitterも参考にして下さい。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 22:18| 山口 ☀| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017年7月号

 発売日は明日(19日)ですが、昨日(17日に)届きました。雑誌のフライングゲット(フラゲ)は一般的なのでしょうか?少なくとも、書店でのフラゲは無い様な気がしますが。
 特集は「ハムの工具選びと使い方」です。「作業効率が格段に上がる!」と付いています。アンテナ設置、メインテナンス、はんだ付け、ケース加工、木の活用がテーマです。例えば以前は、はんだ付けが出来ないとアンテナ設置が出来ません(同軸ケーブルが接続出来ない)でしたが、現在は工具なしでも運用可能です。しかし、アマチュア無線家としては、ある程度は工具を揃え、使えるようになりたいものです。
 付録は「QSLカード役立ちマニュアル」です。「発行から受け取り・整理まで」と付いています。ちょうどQSLカードの収納を検討していたので、参考にしたいと思います。紙QSLカードをスキャン(データ化)することも、将来的には検討したいと思います。
 気になる記事は「鉱石ラジオの研究」です。受信機の基礎ですし、連載の「作って合点 ラジオのしくみ」と併せて読まれるのも良いのではないでしょうか。
 今月は「Myコールサイン・グッズ」の申込書が巻末付近にあります。これとは別に、同じ物(但しカラー)が同封されていました。商品は良さそうで興味もありますが、貧乏性なので、購入しても使わない(仕舞い込む)可能性大です。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 21:37| 山口 ☀| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

2017年6月号

 明日はアイコム主催の「アマチュア無線フェスティバルin北九州」ですが、田んぼ仕事があって参加出来ません。オール山口コンテストのV/U/SHF部門は参加する予定です。
 さて、今月は発売日にCQ誌が届きました。特集は「144/430MHzの魅力再発見」です。「初心者からベテランまで楽しめる!」と付いています。144/430MHzの特集は久し振りかも知れません。現在でも入門バンドですが、それ故に特集になり難かったかも知れません。D-STAR、C4FM、WIRES、APRS等、昔とは少し様子が異なります。中国の144/430MHz事情も載っています。
 特別企画は「エコカーはPHVの時代へ」です。「アマチュア無線プラスαの楽しみ方を見つけよう!」と付いています。HV(ハイブリッド車)に乗られている方は多いと思いますが、PHV(プラグインハイブリッド車)はEV(電気自動車)により近いタイプです。EVも含め、今後はPHVが増える(主流になる)かも知れません。
 付録は「ハムのための情報収集術」です。「アマチュア無線ライフがさらに充実!!」と付いています。スマホ(スマートフォン)の普及で、インターネット利用は当たり前になりました。JARL(日本アマチュア無線連盟)、JARD(日本アマチュア無線振興協会)もネットの利用を進めています。ちなみに、CQ誌のwebサイトもリニューアルされました。付録ではFacebook、Twitterの開設、ブログの利用を勧めています。個人としても、クラブとしても利用していますが、間違いではなかったと感じました。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 23:05| 山口 | Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

2017年5月号

 昨日予告した通り、今月のCQ誌です。
 特集は「測って学ぶアマチュア無線技術」です。「実践に役立つ測定器活用入門」と付いています。最近では珍しい特集ではないでしょうか。SWR計、テスタ、アンテナ・アナライザ、SDR、スプリアス測定方法などが紹介されています。
 特別企画として「スポラディックEと電波伝搬」「アマチュア無線家のためのヤフオク!活用ガイド」もあります。ページ数は僅かですが、なかなか役に立つ内容になっています。
 付録は「ハムのためのライセンスフリー無線活用ガイド」です。「アンテナ工事から社会貢献まで」と付いています。市民ラジオ(CB)、特定小電力無線(特小)、デジタル簡易無線(デジ簡)について解説されています。
 付録に連動しているのか、ライセンスフリー ワールド特別編があったり、今月の「JI1IWL石崎理絵のこだわりアイテム」は「デジタル簡易無線の魅力」になっています。
 昔この手の内容は、CQ誌ではなく、「ラジオの製作」「初歩のラジオ」や「CQパーソナル」等でした。如何に無線雑誌が減ったかわかります。そう言えば「ラジオの製作」には、パーソナル無線を特集した別冊付録が時々付いていました。現在のCQ誌の付録を連想させます。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 21:37| 山口 ☁| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

2017年4月号

 3連休だったので、連休前に届かなければ、連休明けだろう思っていました。その通りになりました。
 今月の特集は「ジャンル別コンテストの楽しみ方」です。頭が長くて「運用テクニック向上・QSLカード/アワード・移動運用・海外交信・AMモード・・・」です。これ位の内容があります。70年~80年代は、ほとんど出力10W以下だったというのが印象的でした。
 特別企画は「アマチュア無線のモバイル端末活用術」です。PC(パソコン)は勿論、タブレットやスマホを利用するのが当り前になっています。こういう企画は、今後増えると思われます。
 「アマチュア無線機器の新スプリアス規格への対応について」は、大変わかり易く書かれています。じっくり読んで、対応を検討されては如何でしょうか。
 付録は「リモート・シャック構築ガイド」です。「遠隔制御の魅力に迫る!」と付いています。この付録は先月から期待していました。アイコムのRS-BA1に興味があって、遠隔操作の採り入れを検討していました。参考にしたいと思います。
 IC-7300のユーザーレポート、LED照明のノイズ対策、西日本ハムフェアのレポート(本当に掲載が早くなりました)等、個人的には気になる記事が多かった号でした。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 21:29| 山口 ☁| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

2017年3月号

 今月は発売日に届きました。ちなみにwebでは、日本海側の豪雪により、一部地域で配達に時間が掛かっているとのことです。
 特集は「アマチュア無線・私の工夫」です。「読者に役立つアイデア集」と付いています。「読者の役立つアイデア集」ではありません。シャック・PC周り、プリント基板、カラス対策、海外ハム情報等、これまでとは少し違うアプローチの様です。
 付録は「楽しいCW入門」です。「ハムライフをさらに充実させる!!」と付いています。これからCW(電信)を始める方向けの内容です。なかなか良い作りになっています。是非、CWに挑戦して頂けたらと思います。
 今月は「免許のいらない無線をとことん楽しもう!」vol.2が掲載されています。「ライセンスフリー無線で交信にチャレンジ」と付いています。デジ簡(デジタル簡易無線)の登場で、CB、特小(特定小電力無線)を含め、人気が上昇しています。もう10年早く扱う様になっていれば(かなり前から要望...)、少しは局数増加に貢献したのではと感じます。
 アメリカの局数が増加している件も掲載されています。上級局が多いのにも驚かされます。レピーターを含め、災害発生時、ボラティア等で、アマチュア無線への理解が日本とは全く異なると感じています。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 21:07| 山口 ☀| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

2017年2月号

 昨日お伝えした通り、やっとCQ誌が届きました。遅れるのは仕方ありませんが、Twitter等で内容について情報を得ていたので、既視感がある変な感覚でした。
 今月の特集は「アマチュア無線の受信ノイズ対策を考える」です。「深刻化する都市雑音問題」とついています。ノイズ問題も定番のテーマになりました。昔はインターフェア等でアマチュア無線が発生源でしたが、現在は被害者になっています。記事中にも昔は静かだった(ノイズがなかった)とあります。局数も減って混信除去装置の出番は少ないですが、DSPによるNR(ノイズリダクション)は重要な装備になっています。
 付録は「ビギナー&カムバック・ハムのお助けマニュアル」です。表紙が「ガッテン」のポーズです。「ブラタモリ」でもタモリさんが「ガッテン」とされている影響でしょうか?内容は、ビギナーやカムバック組以外でも「ガッテン」出来るものです。
 年間テーマ「"JT65"デジタル通信を楽しもう」に連動して、「JT65運用ガイド」の連載が始まりました。昨年はJT65-HFでしたが、今回はJT65-HF-HB9HQX-Editionで解説されているので助かります。実際に運用していますが、少しずつ知識を入れて行こうと思います。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 22:01| 山口 ☀| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

2017年1月号

 発売日に届きました。編集部からのメールマガジン(メルマガ)も届いて、今日はCQ誌で賑やかでした。2017年CQ誌のスタートです。
 今月の特集は「2017年のアマチュア無線」です。「編集部お勧め情報満載!」と付いています。1月号の定番特集?です。伝搬、JT65、SDR、自作、リモート、移動運用などが解説されています。
 付録は「ハム手帳2017」です。これも1月号の定番付録です。改めて見てみると、良く出来ているなと感じます。感心したのは、国際放送の周波数も載っていることです。CQ誌にSWL・BCLの連載が復活すると良いのですが。
 新連載は、ハムログ、真空管、アイテム、WIRES-Xなどです。「作って合点!ラジオのしくみ」は気になっています。ゲルマラジオから始まって、DSPまで製作、ステップアップして行く企画です。実際に作ってみようと思わせる内容です。
 年間テーマは「"JT65"デジタル通信を楽しもう」です。RTTY(ラジオテレタイプ)やPSK31も良いですが、JT65は勢いがある様です。運用される方が増えて来ると思われます。
 「定期購読の皆様へ」という文書が入っていました。販売部数は微増とのことです。年間テーマについても触れられていました。昨年までの記憶が定かではありませんが、こういうものが入っていると好感度が上がりそうです。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 22:09| 山口 ☁| Comment(0) | 今月のCQ誌 | 更新情報をチェックする