2017年01月26日

今月のCQ誌

 昨日お伝えした通り、やっとCQ誌が届きました。遅れるのは仕方ありませんが、Twitter等で内容について情報を得ていたので、既視感がある変な感覚でした。
 今月の特集は「アマチュア無線の受信ノイズ対策を考える」です。「深刻化する都市雑音問題」とついています。ノイズ問題も定番のテーマになりました。昔はインターフェア等でアマチュア無線が発生源でしたが、現在は被害者になっています。記事中にも昔は静かだった(ノイズがなかった)とあります。局数も減って混信除去装置の出番は少ないですが、DSPによるNR(ノイズリダクション)は重要な装備になっています。
 付録は「ビギナー&カムバック・ハムのお助けマニュアル」です。表紙が「ガッテン」のポーズです。「ブラタモリ」でもタモリさんが「ガッテン」とされている影響でしょうか?内容は、ビギナーやカムバック組以外でも「ガッテン」出来るものです。
 年間テーマ「"JT65"デジタル通信を楽しもう」に連動して、「JT65運用ガイド」の連載が始まりました。昨年はJT65-HFでしたが、今回はJT65-HF-HB9HQX-Editionで解説されているので助かります。実際に運用していますが、少しずつ知識を入れて行こうと思います。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 22:01| 山口 ☀| Comment(0) | CQ誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。