2017年05月01日

何という偶然

 5月がスタートしました。スタート初日に、ボラネットに関する記事が2つ。
 先ず、先日報告した「社協だより」5月号です。「ボランティア通信」のページに、「こちらは、"JE4YLO・ボランティアネットワークみね"です。」と題して、ボラネットの紹介をさせて頂きました。及ばずながら、当局が執筆させて頂きました。少しでも良い方向に進めば有難いです。下記よりダウンロード可能です。
http://www.mine-shakyo.jp/contents/syakyoudayori/index.html
 次に、ボラネットの総会で報告のあった「国土強靭化 民間の取り組み事例集」です。この中で、「アマチュア無線を活用した災害情報の自発的提供」と題して、ボラネットが紹介されています。こちらは、JE4HQD局が骨を折られています。こちらの情報は、アイコムのメールマガジンで知りました。これを切っ掛けに、D-STARレピーター設置の可能性もあるのでしょうか?
アイコムのメールマガジンは下記より
http://www.icom.co.jp/beacon/mail/
「アマチュア無線を活用した災害情報の自発的提供」は下記より
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/h29_minkan/pdf/2434.pdf
それぞれ閲覧が可能です。
 以上、ちょるる県カルスト市より。
posted by JE4XWS at 22:26| 山口 ☀| Comment(0) | ホウレンソウ | 更新情報をチェックする